林檎裁判【無料画像&ネタバレ】

「あなたは悪いオオカミさんですか?」
林檎に宿った赤ずきんのタマシイ。
穢れた男を処刑する林檎の正体とは!?

 

林檎裁判

林檎裁判

▲無料画像はこちら▲

 

著者:岩葉純希

 

コミックフェスタで配信中の「林檎裁判」
公開と同時に人気急上昇中の漫画です。

 

独特の世界観と絵柄で描かれる赤ずきんのオオカミ狩り。
アダルト色の強い「デスノート」あるいは「地獄少女」といったところでしょうか。

 

「まぁ、狼さんの口ってなんて臭そうなの」
「狼さんの耳ってなんて汚らしいの」
「狼さんの魂って・・・なんて罪深いのかしら・・・」

 

赤ずきんのセリフをマネながらも残虐さを隠そうともしないところが惹かれます。
赤ずきんの衣装や、”林檎”のデザインも独特で世界観と良くマッチしていますね。

 

コミックフェスタで無料立ち読みができます。
ぜひ覗いてみてみましょう。

 

林檎裁判

[ComicFesta] 直遷移 林檎裁判

[ComicFesta] 直遷移 林檎裁判

[ComicFesta] 直遷移 林檎裁判

▲無料立ち読みはこちら▲

 

林檎裁判ってどんな漫画?ネタバレあり

表紙からダークな印象の林檎裁判。
中身も表紙と同じくダークオンリーです。

 

物語は赤ずきんがおばあさんのためにお使いに行くところから始まります。
ところが赤ずきんは途中で狼(穢れた男たち)に食べられてしまいます。
この時点で赤ずきんの生死は描かれていません。

 

場面は変わって現代日本。
とある私立学校に通う男子たちの間でひそかに人気になっている星観夜宵(ほしみ やよい)。
無口で無表情な夜宵ですが、男子たちから性的な興味を持って見られているのも大嫌いなようです。
そして、実は男に触れられるのはもっと嫌いで手が触れただけで、手に傷がつくくらい洗い続けます。

 

不愛想な夜宵は女子からの評判も悪く、
「あんな奴、さっさと「レイ撮」にやられちゃえばいいのよ!」と影口をたたかれる始末です。
”レイ撮”とはこの辺りで騒動を起こしているレイプ撮影集団のこと。

 

 

実は以前、夜宵はこのレイ撮集団の撮影現場に遭遇したことがあります。
憧れの九条先輩をものにしたくて、つい足を踏み入れた山奥の小屋。
そこでは友達のさやかがレイ撮の男たちにヤられまくっている最中でした。
どれだけヤられたのか目の焦点があっていないさやかを置いて逃げ出した夜宵。

 

夜宵は見捨てたさやかの表情が目に焼き付いて離れず、以後無表情な子になってしまったようです。
「さやかに会って謝りたい。」
「私だけキレイな身体のまま逃げ出してしまったことを・・・」

 

逃げ出したあの日、すぐに警察に連絡したにもかかわらず、警察が付いた時には既にもぬけの殻。
さやかも一緒に連れ去られ、行方知れずなようです。
友達を捨てて逃げたこと、その友達に謝ることもできない状況が夜宵の心に暗い影を落としています。

 

「あのときの奴らに接触できれば、さやかの行方も分かるかもしれない・・・」
そんなことを考えながら家に戻った夜宵。
家に戻ると”お隣からいただいた林檎”があると母親から告げられます。

 

母親も明るく振舞ってはいますが目の下にクマができており、何らかの問題があることが伺えます。
台所に入って電灯をつけようとしてもつきません。
母親の問題と関係があるのか、それとも”これから起こること”と関係があるのか・・・

 

「買い物行かなきゃ・・・」
ため息をつきつつも林檎に手を伸ばした夜宵ですが・・・!?
続きはこちら

 

林檎裁判

林檎裁判

 

星観夜宵(ほしみ やよい) こ無口で無表情な女子校生。

かつては違ったようだが、さやかを見捨てた罪悪感から自分の閉じこもってしまった。
さやかに謝りたいと思っていた時、メイジーと出会い・・・!?

メイジー 目玉付きリンゴ。

正体はかつて赤ずきんと呼ばれた存在。
メイジーの魂は林檎に閉じ込められており、自分を汚したオオカミ(男)に復讐したいらしい。
夜宵との初対面時、ぶん投げられる。それでも割れなかったので結構丈夫っぽい。

須藤さやか 2年前にレイ撮の男たちに捕まって汚されてしまった夜宵の友達。

夜宵に見捨てられ、その後行方不明。

 

 

 

林檎裁判について

第1話からダークな雰囲気がぷんぷんします。
しかもある日突然降ってわいたのではなく、以前から引きずっていた問題がここにきて顕在化したことによっておこる類のものです。
過去の因縁が絡む問題は総じて救われない事が多いのですが、林檎裁判でもそうなってしまうのでしょうか?

 

1話冒頭で男(狼)たちに散々おかされてしまった赤ずきんですが、表紙のダーク赤ずきんと似ていますね。
ちなみに、ダーク赤ずきんは自らをメイジーと名乗り、「かつて赤ずきんと呼ばれた存在」であったとも言っています。
この赤ずきんメイジーの過去も気になりますね。
どこかで明らかにされることを期待です。

 

そして、この赤ずきんと夜宵は共に男たちの性欲の対象にされて傷つけられたという点はよく似ています。
無料立ち読みのラストでも「たとえ自分がどうなろうとも、オオカミどもをさばくこと」を決断しています。

 

「あなたは悪い狼さんですか?」
赤ずきんの一言にどれだけの過去が隠されているのか、気になって仕方がありませんね。
林檎裁判はコミックフェスタから無料立ち読みができます。
アダルト&ダークな雰囲気の漫画を好きならぜひ読んでみましょう。

 

林檎裁判

▲無料画像はこちら▲